大人ニキビは白ニキビのうちに治そう

大人ニキビは白ニキビのうちに治そう

大人ニキビは悪化させると治りにくくて大変ですし、痕も残りやすいです。白ニキビのうちに早めに治してしまいましょう。白ニキビのうちに治すためには、肌に刺激を与えずに汚れはしっかり落とせる洗顔料を使うとよいです。

 

毛穴のなかに古い角質やメイク汚れ、皮脂などが詰まっていますが、それを無理に落とそうとすると肌に刺激を与えることになってしまいます。それでは大人ニキビが悪化する恐れがありますので、優しく汚れを取り除きましょう。

 

洗浄力の高い洗顔料を使うと必要なものまで取り除き、乾燥や皮脂の過剰分泌を招くなどの恐れがあります。肌に刺激を与えない、汚れだけを落とせるタイプの洗顔料を選んだほうが良い結果を期待できます。

 

汚れを取り除いたら、しっかり保湿しましょう。大人ニキビにとって保湿は重要です。皮脂が多い方でも潤っているわけではありませんので、保湿が必要です。

 

殺菌作用や抗炎症作用を優先するよりも、潤いを与えたほうが外からの刺激に強い肌にしていくことができます。殺菌作用や抗炎症作用も気になりますが、肌が乾燥するようなものは避けましょう。

 

肌に刺激を与えずに汚れを落とすことと、しっかりと保湿をすることで大人ニキビを白ニキビのうちに効率よく治すことができます。

 

 

顎に大人ニキビができた時の対処法

治りにくい顎にできた大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れや間違ったスキンケアなどが原因だと考えられています。

 

女性の場合は、毎月の生理によってホルモンバランスが変化するため、それにあわせて肌のコンディションも変化していきます。

 

特に、女性ホルモンの一種であるプロゲステロンは、皮脂の分泌を活発にしてしまいますから、ニキビの原因となってしまいます。

 

男性の場合は、男性ホルモンの影響で皮脂の分泌量が多くなり、それに加え毎日のひげ剃りによって肌も傷つきやすいため、顎に大人ニキビができやすくなってしまいます。

 

睡眠不足や生活習慣の乱れ、ストレスなどによってホルモンバランスが崩れることで、皮脂の分泌を増加させたり、新陳代謝が低下してしまい、ニキビができやすい環境となってしまいます。

 

また、洗顔時にしっかりと皮脂汚れを洗い落とせていないと、ニキビを繰り返す原因になりますから、しっかりと丁寧に洗い流し、洗顔後にはしっかりと保湿をすることが大切です。

 

そのほかにも、紫外線や衣服の摩擦によっても、大人ニキビを引き起こす原因となることがありますから、適切な対処を行うことが大切です。

 

また、十分な睡眠とバランスのとれた食事など、生活全般を見直すことが重要です。